糖尿病の治療をする前に知っておきたいこと|病気を理解する

大豆や高麗人参の有効成分

メンズ

ブドウ糖の代謝に問題

糖尿病の人は健康な人と比べて血糖値が高くなっています。血糖値とは血液の中にブドウ糖がどのくらい存在しているかということを示す数値です。糖尿病の人の血糖値が高いということは、食べ物から摂取したブドウ糖を代謝しきれていないということになります。ブドウ糖の代謝が追いつかないのにはいくつかの原因が考えられます。それは先天的にインスリンの分泌量が少なかったり、あるいは食べ過ぎによってブドウ糖を過剰に摂取したり、運動不足でブドウ糖をエネルギーに変換できていなかったりというような要因です。糖尿病は深刻な合併症を起こしやすい病気です。そこで糖尿病の症状を改善するためには、血糖値の上昇を抑制する必要があります。

サポニンの血糖値抑制効果

血糖値の上昇を抑制する成分として、近年注目を浴びているのがサポニンというポリフェノールです。サポニンは小豆や、高麗人参(朝鮮人参)などに豊富に含まれています。サポニンを摂取すると血糖値が急上昇するのを防ぐことができます。糖尿病の人はできるだけ血糖値の上昇や下降をゆるやかにすることが大切なので、サポニンの摂取は糖尿病の改善に役立つと期待できます。大豆には大豆サポニンというポリフェノールが含まれており、高麗人参にはジンセノサイドというポリフェノールが含まれています。このジンセノサイドの血糖値抑制効果により、高麗人参は種々の漢方薬の原料としても使用されています。したがって、糖尿病の人にはこうした大豆サポニンや高麗人参のサポニンなどを使ったサプリメントがおすすめです。