糖尿病の治療をする前に知っておきたいこと|病気を理解する

糖分をエネルギーに変える

女性

余った糖分は意味が無い

糖尿病になると、体内に存在している糖分が上手く作用していない状態になります。本来、脂肪のように使われなくなったエネルギーの塊は肉体に残存して何らかの形で肉体に出てくるようになるのですが、糖尿病の場合にはそれが病的なだるさに繋がります。それだけではなく、有り余って使われなくなった糖分は尿と一緒に外部に排出されるので、摂り過ぎて良いことはありません。糖分を正しく使うためにはすい臓から分泌されているインスリンというホルモンが不可欠になるのですが、糖分が過剰にあるとこのホルモンが上手く作用しません。本来、インスリンは身体の器官に必要なだけの糖分のコントロールしているので過剰な摂取に対してはなかなか対応することができないということをまず知っておくことです。

効率的に糖分を分解する

糖分身体に悪影響を与えてしまうので、インスリンの働きが上手く作用しないという理由が大きいです。ただ、実は炭水化物などの人間のエネルギーの生成に関連する栄養分はインスリンだけではなく様々な栄養によって分解できることもわかっています。例えば、炭水化物を摂取した後にビタミンを効率的に摂取すると体内で糖分が効率的にエネルギーに変換されやすくなります。特に、ビタミンB1やビタミンB2にはこうした働きが強いので一緒に摂取することが大事です。実際に、近年は糖尿病にならないようにするために糖分をエネルギーにするための健康補助食品が販売されています。こうした商品を上手く利用すれば、糖分を体内でエネルギーに変換できるようになるので糖尿病になりにくい身体を作ることが可能です。